やりがいの感じられる職場か

介護士のやりがいとはなんでしょうか。介護職の満足度など、下記にまとめています。

もくじ

介護職の満足度

厚生労働省がまとめている「介護労働の現状(平成25年)」によると、介護職に「満足」と答えた労働者は17.9%で、「やや満足」と回答した人が35.7%。「普通」と回答した人が36.6%と、「不満足」を大きく上回っています。

介護職員・訪問介護職員ともに、仕事内容ややりがいに関しては満足している人が多く、ここから、介護職は比較的やりがいの感じられる職であることがわかります。

介護とは人のために奉仕できる魅力的な仕事。残念ながら、離職率は低い方ではありませんが、それは仕事にやりがいを感じられないからではありません。介護の仕事を辞める理由としてもっとも多く挙がったのは、「職場の人間関係」によるものでした。次に多いのが運営に関する不満です。自分に合った良い職場を見つければ、やりがいを持って介護のお仕事を長く続けることができるはずです。

引用元:厚生労働省│介護労働の現状[PDF]

介護士のやりがいとは

介護の仕事の魅力は、誰かの助けになれるということではないでしょうか。人に頼られるのが好きという方や、人と関わることが好きな方には働きがいのある職場だと思われます。

また、キャリアアップがしやすいのも魅力のひとつ。仕事の内容、そしてキャリアアップや学びの場が充実しているかどうかが、やりがいに繋がるはずです。

やりがいを感じてもらうための
元気村グループ(翔裕園)の風土・環境は?

研修の充実で有名な社会福祉法人元気村グループ。その理事長を務める神成裕介氏に、やりがいに関する元気村グループの取り組みを聞いてみました。

サイト監修社会福祉法人
元気村グループ
チャレンジできる風土が根付いている
神成裕介
神成裕介
(理事長)

我々元気村グループは40前後の福祉施設を展開し、特別養護老人ホームやグループホームなど介護の分野すべてに対応しています。規模は小さくないので時代に合わせた変化に対応できますし、地域の社会課題を解決できる土壌、仕組みを持っています。ご利用者様のためならさまざまなことにチャレンジできる風土、ご利用者様と働く仲間たちが主役という考え方もまた、やりがいを感じていただける部分ではないでしょうか。

元気村グループの
新卒採用情報をみる

元気村グループの
中途採用情報をみる

元気村グループ(翔裕園)のやりがいについての
職員の声

自分が理想とする施設を作ることができる

いまは施設の介護環境も、大きく変革しています。IT化・ノーリフト・科学的根拠に基づく介護・混合サービス。これらをフル活用して自分が理想とする施設を作ることが、元気村ならできます。かなりやりがいがありますね。