介護の仕事を早く覚えるには?

介護未経験者が仕事を早く覚えるために意識したいポイント

介護の仕事は求人が多く、働きながら資格をとることも可能であることから、年齢・性別を問わず未経験からチャレンジする方も多くいます。

一方で、いざ施設に入職してもなかなか仕事を覚えられず、思うように介護ができない…と悩む新人介護職も多いようです。

ここでは介護未経験の新人職員が、仕事を早く覚えるために押さえておきたいポイントをまとめました。

利用者の顔と名前を認識する

介護の仕事をより効率的に覚えるためには、まず利用者の顔と名前をインプットすることです。顔と名前を覚えられれば、誰にどのようなケアを行うのか、仕事の流れを把握しやすくなり、スムーズに業務が行えるようになります。なかには、人の顔と名前を覚えるのに時間がかかる方もいるでしょう。そんな方は、以下の4つを試してみてください。

  • 利用者の名前をできるだけ呼ぶ
  • 由来や意味など名前に関する話をする
  • 名前に似ているものと連想させて覚える
  • 顔と名前を復習する

メモを取る

どんな仕事にも共通していることですが、一度失敗したことを再び繰り返すことがないよう、上司や先輩から受けたアドバイスはメモしておきましょう。スキマ時間を使って、メモしたことを改めて確認し、復習することも大切です。

質問をする

業務上でわからないことがある場合は、すぐに先輩や上司に質問しましょう。わからないことをそのままにしていては、いつまでも仕事を覚えられません。わかったふり・わかったつもりも同様です。自分から積極的に動きましょう。

優先順位をつける

業務を行う上で、全てのことへ同時に注意を向けることは不可能です。もちろん、意識をすることは大切ですが、最も気を配るべきことは何なのかを見極め、優先順位をつけることで効率的に仕事を行えるようになります。新人のうちは一通りの業務を覚えるまで、そんな余裕はないと感じる方も多いでしょう。はじめのうちは優先順位の判断ができなくても、経験を積むことで正しい判断ができるようになり、より介護の仕事の楽しさがわかるようになります。

業務の意味を理解する

なぜそのケアが必要なのかの意味をきちんと理解せず、丸暗記で業務にあたっている場合は、要注意です。介護の仕事は奥が深くケースバイケース。丸暗記で介助を行っていても、応用ができなければ、介護士として大きく成長できません。

仕事を覚えられないことが、自分の知識不足と認識している場合は、資格を取ることも一つの解決策となるでしょう。

生活習慣を見直す

一見してつながりが分かりにくいかもしれませんが、規則正しい生活をすることも、介護の仕事を早く覚えるコツになります。夜更かしを繰り返して不規則な生活を続けていると、慢性的な睡眠不足になり、記憶力が低下します。また、寝不足のまま介助を行えば、ふとしたミスから重大な失敗に発展する可能性もあります。シフト制や夜勤がある場合は、特に意識的に既得正しい生活を心がけましょう。

目標を持ってモチベーションを維持する

介護の仕事に対していまいち意欲が湧かないことが、仕事を覚えられない原因となっている場合もあります。そんな時は、自分なりにやりがいを見つける、資格取得やキャリアアップ、給料アップなどを目標にするなど、モチベーションを上げる努力をしましょう。