介護の仕事のすべて/【介護職を目指す方へ】ホワイト企業の選び方

【介護職を目指す方へ】ホワイト企業の選び方

介護士になろう、なりたいと思ったときは、できるだけホワイト企業に努めたいと思う方も多いはずです。最近ではブラック企業と呼ばれる会社もたくさん紛れ込んでいます。ブラックとホワイトの境目は、どのようなものがあるのでしょうか。ホワイト企業の選び方を紹介していくので、参考にしてみてください。

ホワイト企業を選ぶ4つのポイント

ホワイト企業を選ぶうえでポイントとなるのは、「キャリアアップ」、「やりがい」、「働きやすさ」、「福利厚生」の4つ。介護士の職場を探すときは、この4つに注目してみましょう。

キャリアアップしやすいか

注目すべきは、その会社がキャリアアップしやすい環境かどうか。そのひとつの目安が研修で、研修が充実していれば、職員のキャリアアップを考えてくれている企業であることがうかがえます。未経験から介護の仕事をはじめるうえでも研修が充実していれば、知識やスキルをつけやすいですし、資格取得のサポートもあればなお良いでしょう。

やりがいを感じられる職場か

やりがいを感じられる職場かどうかの見極めは、その会社の生の声を聴くことが大事。モチベーションややりがいは、その企業の理念がしっかりしているかがひとつの決め手になっていて、「利用者さんのため」「職員のため」「介護業界のため」を常に考えて動いている企業なら、やりがいも実感できるはずです。

働きやすいか

働きやすさの指標は、本部が現場の声を聞き入れ、新しい制度や働き方を導入してくれるかどうか。数値としては離職率・定着率が働きやすさの大きな目安で、それらの数値が高いほど働きづらい環境であると言えます。

人間関係や給与、休みなど職場を探すうえで重視するものはさまざまでしょう。見極めはしっかりと行ないましょう。

福利厚生が充実しているか

介護職で働いている人の不満としてよく挙がるのが、給与や福利厚生面。実際、ブラックと呼ばれる介護系の企業では仕事がつらい割にお給料が少ないということもよく聞きます。育休や時短勤務などがとりやすい環境かどうかも、注目すべきポイントです。