グループホーム

このページでは、認知症高齢者の共同生活をサポートするグループホームの仕事内容や1日の流れなどを紹介します。

もくじ

グループホームの仕事内容

グループホームの仕事内容について、一般職と役職者とに分けて紹介します。

グループホームの一般職の場合

認知症高齢者同士が共同生活するためのサポートが主な業務。特養に見られる必須作業的なサービスよりも、食事や入浴など日常生活をマンツーマンでサポートするのが役割です。

家庭的雰囲気の職場なので、家族の一員として入居者と接することになります。

グループホームの役職者の場合

グループホームでの実務経験3年以上、かつ認知症対応型サービス事業管理者研修受講を条件として、ホーム長にステップアップすることもできます。事業所によってはケアマネージャーや常勤管理者と兼務するケースもあります。

グループホームの
1日のタイムスケジュール

グループホームの業務について、1日の代表的なパターンは以下のようになります。

※事業所によって始業・終業時間が異なりますので、参考程度にご覧ください。

7:00 個々に応じて起床を促し、各人のバイタルチェックをします。着替えや洗面などを介助することもあります。その後、朝食は準備段階から入居者と協力して準備し、体調確認なども行います。
9:00 居室や共用部分の清掃、及び洗濯をします。これらも入居者とスタッフが共同で行います。作業を終えたら軽い運動やゲーム、歌や音読などのレクリエーションで身体機能や脳の活性化を図ります。
11:00 昼食の準備、食事、そして後片付けをします。
13:00 入浴はできるだけ入居者の自立を尊重しつつ、必要なサポートをします。
15:00 入居者が散歩や外出をするケースもあり、おやつづくりを共同で楽しむこともあります。洗濯物を取り込むといった家事や、日常生活に必要な動作のためのリハビリを行うこともあります。
16:00 夕食の準備、食事、そして後片付けをし、夜勤担当の方に引き継いで業務終了です。

グループホームは
どんな人が向いている?

グループホームに向いている人とは?2,000人超の職員を抱える社会福祉法人元気村グループの理事長・神成裕介氏に聞いてみました。

サイト監修社会福祉法人
元気村グループ(翔裕園)
忍耐力や柔軟性が求められる
神成裕介
神成裕介
(理事長)

忍耐力や柔軟性が必要になってくるので、介護現場で一定の経験を積まれた方が向いていると思います。他の施設形態に比べ、介護士が想定しないことがとくに起きやすい職場。思い通りにいかないことも多く発生すると思います。そういったことは介護に関わらずさまざまな業界業種でもあると思いますが、そうした現場を楽しめる方ですと良いかなと思います。

元気村グループの
新卒採用情報を見る

元気村グループの
中途採用情報を見る

グループホームの概要

グループホームの主な特徴は以下となります。

  • 認知症高齢者の共同生活を1ユニット5~9名の単位でサポートする施設。
  • 介護や機能訓練、レクリエーションといったサービスを専門スタッフが提供。
  • キッチンやバスルームなどは一般的住宅サイズでアットホームな生活スタイル。
  • 家事をともに行ない、認知症の進行を抑え、健康的な日常生活を支える。