施設介護と訪問介護の違い

介護職という点では同じですが、1人で仕事をすることになるのでメリット・デメリットがあります。こちらでは、訪問介護の仕事内容と施設介護の違いについてご紹介します。

もくじ

訪問介護の仕事内容とは

訪問介護とは、利用者の自宅を訪問して介護サービスを提供する仕事。主なサービスの内容は「身体介護」「生活援助」「通院介助」の3種類になります。

身体介護

入浴や排せつ、着替えなど、利用者の要介護状態に応じて身体に関わる介護を行います。

生活援助

掃除、洗濯、調理、買い物など、利用者の生活に関する基本的な部分を補助します。

通院介助

利用者の通院に付き添い、移動や受診のサポートを行います。

施設介護との大きな違い

施設介護も訪問介護も、介護面における仕事には多くの共通点があります。ほぼ同じ、と考えても良いかも知れません。その一方で、仕事環境・仕事の仕方には、両者に大きな違いがあります。具体的な2つの例を見てみましょう。

介護現場は利用者の自宅

施設介護は、入所者が集う施設内にて介護の仕事を行います。それに対して訪問介護は、利用者の自宅にて介護の仕事を行います。 常に同じ現場、同じ仕様の施設で仕事をする施設介護に比べ、訪問先ごとに違う環境で仕事をする訪問介護には、特有の難しさがあります。

一人で仕事をやる

介護施設では、施設長やユニットリーダー、同僚社員、アルバイト・パート社員など、多くの介護職の人が働いています。それぞれの業務の範囲は決まっているものの、実質的には互いに助け合いながら協力して介護を行っています。分からないことがあれば、先輩や上司にその場で指導を仰ぐこともできるでしょう。

それに対して訪問介護は、介護者が一人で利用者の自宅を訪問し、必要なサービスを一人で提供します。利用者の状況を見て、介護の方法等を自分で判断しなければなりません。

訪問介護が向いている人

原則として一人で仕事をする訪問介護。よって、提供するサービスには高い責任が伴います。

その一方で、施設介護とは異なり、上司や同僚などから細かい指示を受けることはありません。周りの声に縛られず、概ね、自己裁量の中で仕事をすることができます。

他人の指示に振り回されたくない人や、職場での人間関係の構築に不安を感じる人、自分の判断でケアをしていきたい人などには、施設介護よりも訪問介護が向いているかも知れません。