介護士は妊娠しても働ける?

介護士として働いていて妊娠がわかった時、いつ、誰から伝えていくのか、その後の業務はどうしたらいいのかなど、気になるポイントを解説していきます。

もくじ

妊娠したときにするべきこと

介護職は女性の多い職場ですから、当然妊娠などの機会も多いと考えられます。介護職は精神的にも肉体的にも負担がかかりやすいお仕事。妊娠した女性が、今まで通りに働くにはとても難しいかもしれません。妊娠が分かった時には、改めるべき事も多くあります。

まず、妊娠が分かったときは職場の上司やリーダーに報告するようにしましょう。ストレスや負担は悪い影響を持っています。無理をしながら通常通り働き続けると言うことは絶対に止めましょう。また、介護職には夜勤などの仕事がある場合もあります。自身の体調を整えておくためにも、無理な仕事は避けるようにしましょう。

また、妊娠中のことだけではなく、出産、出産した後に関しても大まかに考えておくことで、職場にも迷惑がかかりません。産休や育休などについても会社側としっかり話しておきましょう。条件もあるので、確認しておく必要もあります。

妊娠した介護士の業務

たいてい上司への報告が終わると、スケジュール調整などをして貰うことができます。妊娠した介護士に可能な業務は肉体的にも精神的にも負担の少ないものが良いでしょう。例えば、夜勤や利用者様の介助、支えることなどはどうしても負担がかかりやすくなっています。このようなことは避けるようにして、周りを頼りながらお仕事をしていくようにすると良いですね。フォローをしてくれる周囲への感謝も忘れずに、できると思うことを頑張りましょう。

業務ができない事で迷惑がかかっていると考えてしまい、無理してしまうと万が一のことが起きてしまう可能性もあるのです。おなかの中の赤ちゃんを守ることができるのは母親です。妊娠した場合は、無理の無いような業務をするように心がけましょう。

妊娠しても働きやすい職場とは

妊娠していることを報告しても必ずしも全ての人間が祝福してくれるとは限りません。中には人手不足なのに仕事ができなくなるなんて、と迷惑に思う人もいるかもしれません。妊娠しても仕事を続けていくためには周りの理解と協力が必要不可欠です。申し訳なさを感じて仕事を無理する必要はありませんが、できることを頑張るようにして、職場の同僚にはしっかりと感謝をするようにしましょう。

妊娠はいつ起こるか分からないことですから、就職の前に福利厚生がしっかりしていることや妊娠しても続けられるかどうか、その先の子育てがしやすいかどうかを確認しておくと良いでしょう。

元気村グループ(翔裕園)の産休・育休について

妊娠した場合の業務範囲、産休は取れるのか、また取りやすい環境なのか、元気村グループでは実際はどうか聞いてみました。

サイト監修社会福祉法人元気村グループ(翔裕園)
産休・育休後は働き方を変えることも可能
神成裕介
神成裕介(理事長)

産休や育休も取得しやすい環境だと思います。産休・育休を取得して戻ってくる方も多いですね。復帰を機に現場職から事務職や本部に異動する方もいて、そこは本人の希望を聞いています。

元気村グループの新卒採用情報をみる

元気村グループの中途採用情報をみる