介護士は妊娠しても働ける?

介護士として働いていて妊娠がわかった時、いつ、誰から伝えていくのか、その後の業務はどうしたらいいのかなど、気になるポイントを解説していきます。

もくじ

妊娠したときにするべきこと

介護職は女性の多い職場ですから、当然妊娠などの機会も多いと考えられます。介護職は精神的にも肉体的にも負担がかかりやすいお仕事。妊娠した女性が、今まで通りに働くにはとても難しいかもしれません。妊娠が分かった時には、改めるべき事も多くあります。

まず、妊娠が分かったときは職場の上司やリーダーに報告するようにしましょう。ストレスや負担は悪い影響を持っています。無理をしながら通常通り働き続けると言うことは絶対に止めましょう。また、介護職には夜勤などの仕事がある場合もあります。自身の体調を整えておくためにも、無理な仕事は避けるようにしましょう。

また、妊娠中のことだけではなく、出産、出産した後に関しても大まかに考えておくことで、職場にも迷惑がかかりません。産休や育休などについても会社側としっかり話しておきましょう。条件もあるので、確認しておく必要もあります。

そもそも妊娠中も介護職を続けて大丈夫?

妊娠が発覚したときは、仕事を続けるべきか辞めるかで多くの方が悩むタイミングです。なかには、職場に迷惑をかけたくない思いから、できる限り働きたい気持ちがある方もいるでしょう。

とはいえ、妊娠中の労働で、身体に掛かる負担も気にしなくてはいけません。特に介護職は、からだに負担が掛かる仕事が多いです。妊娠してからも介護職を続ける場合、つねに身体を第一に考えた行動をとるようにしましょう。

妊娠で起こる身体の変化

妊娠中は、お腹の中にいる赤ちゃんに栄養が供給され続けています。それによって、妊婦さんは今までのように、普通に生活するのが厳しいくらい身体に影響が出ることも。仕事中に、だるさや疲労感、動悸、息切れなどの症状が出るかもしれません。

まず、介護者の移動や入浴の介助のような身体の負担が大きい仕事は、行わないようにしてください。そして、転倒する可能性がありそうな業務や、生活リズムに影響がでる夜勤業務も、外してもらった方がよいでしょう。

働いているときに、体調が悪いと感じた場合は、横になって休める環境が理想です。代わりの人がいなくて仕事から抜け出せない状況だと、身体的な負担に加えて、精神的なストレスも相当なものになってしまいます。

妊娠しているときは、体調を考慮してもらえる環境に身をおくようにしましょう。

無理をしないようにする

職場によっては、人手不足だったり忙しい時期だったりして、妊娠したことをなかなか言い出しにくい状況かもしれません。ですが、こちらも子どもの命が関わる「非常事態」なので、決して無理するわけにはいきません。

流産する確率がもっとも高いタイミングは、妊娠の初期段階です。職場に気をつかって身体に負担がかかる仕事を続けて、流産してしまった場合は、きっと過去の自分を悔やむでしょう。

妊娠が発覚したら、少しでもはやく職場の人に話をして、配慮のお願いを申し出てください。そして、定期的に妊婦検診で医師に診てもらって、妊娠の経過をしっかりと把握するようにしましょう。

不安があるときは職場へ相談

妊婦さんの場合、体調不良で仕事から離れたり、急に休みをもらったりする可能性があるので、このまま仕事を続けていいのか不安を感じる方は多いと思います。

まずは、職場に相談して、負担が少ない業務に変更してもらったり、これまでの自分の仕事を代わりにやってくれる人を探してもらったりしましょう。

配慮の申し出への対応は、職場によってさまざまです。こころよく応じてくれる職場もあれば、余裕がなかったり前例がなかったりして首を縦に振らない職場もあります。

医師の診断書などを持ったうえでしっかりと話し合って、それでも駄目な場合は、無理をしないためにも退職を検討しましょう。

妊娠した介護士の業務

たいてい上司への報告が終わると、スケジュール調整などをして貰うことができます。妊娠した介護士に可能な業務は肉体的にも精神的にも負担の少ないものが良いでしょう。例えば、夜勤や利用者様の介助、支えることなどはどうしても負担がかかりやすくなっています。このようなことは避けるようにして、周りを頼りながらお仕事をしていくようにすると良いですね。フォローをしてくれる周囲への感謝も忘れずに、できると思うことを頑張りましょう。

業務ができない事で迷惑がかかっていると考えてしまい、無理してしまうと万が一のことが起きてしまう可能性もあるのです。おなかの中の赤ちゃんを守ることができるのは母親です。妊娠した場合は、無理の無いような業務をするように心がけましょう。

妊娠中も介護職を続けるメリット

妊娠の経過が良好で職場の理解を得られた場合、働いて得られるメリットはたくさんあります。

体力が落ちない

妊娠中に仕事を続けると、適度に身体を動かせる機会があるので、体力の低下が防げます。

仕事を辞めると、動く機会が少なくなるので体力が落ちてしまいます。特に、介護職の場合は、体力を使う仕事なので、時間が経つほど体力の落差を強く感じるかもしれません。

体力の低下や体重の増加は、出産時の負担の増加にもつながります。そして、出産した後に待っているのは、子育てです。目を離せなかったり満足に睡眠が取れなかったりする状態で子どもの世話をするとき、体力があった方がいいのは言うまでもありません。

出産手当金と育児休業給付金がもらえる

子育てはなにかとお金がかかります。身体を大事にしながらも貯蓄を増やしたい気持ちがある方は多いはずです。

妊娠中に働くメリットとして、収入がもらえるのに加えて、産前休業が存在するのも嬉しいポイント。定められている期間内(出産日の6週間前、多胎の場合は14週間前)なら、仕事を休んでいるあいだにも出産手当金が支給されます。

さらに、いくつかの条件を満たすと、産後に育児休業給付金を受け取ることも可能。妊娠中に仕事を続けた場合の金銭面のメリットは、とても大きいです。

育休明けに保育園に入りやすくなる

妊娠中も働き続けた場合は、無職の状態にならないので、保育園の審査が通りやすくなります。

保育園の利用は、基本的に「日常的に子どもの保育ができない環境」が条件。なので、両親のいずれかが職についていない場合、子どもを保育園に預ける必要がないと判断されてしまうのです。

出産後に働きたい方も、一度職場を辞めてしまうと無職扱い。その状態で保育園の審査を通すのは、非常に難しいです。家計の事情や夢を追うために職場復帰したいと考えている場合は、働き続けて保育園に入りやすくしていたほうが良いでしょう。

妊娠しても働きやすい職場とは

妊娠していることを報告しても必ずしも全ての人間が祝福してくれるとは限りません。中には人手不足なのに仕事ができなくなるなんて、と迷惑に思う人もいるかもしれません。妊娠しても仕事を続けていくためには周りの理解と協力が必要不可欠です。申し訳なさを感じて仕事を無理する必要はありませんが、できることを頑張るようにして、職場の同僚にはしっかりと感謝をするようにしましょう。

妊娠はいつ起こるか分からないことですから、就職の前に福利厚生がしっかりしていることや妊娠しても続けられるかどうか、その先の子育てがしやすいかどうかを確認しておくと良いでしょう。

子育てと両立している
介護士にインタビュー

子育てと両立しやすい介護の仕事

子育てと仕事を両立することは、介護業界に関わらず、どの業界においても壁があります。決して両立は、不可能ではありませんが、少なくとも簡単ではありません。

以下、介護職と子育ての両立がしやすい職場として、デイサービス、訪問ヘルパー、ケアマネの3つをピックアップしてみました。

デイサービス

子育てを並行する介護職として、もっとも働きやすい職場と言われているのがデイサービスです。

ご存知のとおり、デイサービスは日勤のみの仕事。保育所に子供を預けてから出勤しても、通常は仕事に間に合います。また、仕事が終わってから保育所に子供を迎えに行っても、十分に間に合います。

また、一般にデイサービスは日曜日が休みとなるため、保育所が休みの日曜日には終日、子供の面倒を見ることができます。

ただし、保育所は祝日も休みですが、デイサービスは祝日も営業中。両者の休みが一致しない日には、ご主人に子供を見てもらうなり、実家の親族に子供を見てもらうなりの対策が必要です。

なお、デイサービスで働く介護職の中には、実際に子育て中の方が少なくありません。同じ境遇の仲間と話をするだけでも、精神的にはだいぶ楽になるでしょう。

訪問ヘルパー

訪問ヘルパーもまた、子育て中の介護職には人気の職種です。毎日決まった時間に働くことができる一方で、子育てに合わせ、決まった曜日の決まった時間だけ働くことができるからです。

ただし注意点が一つ。訪問ヘルパーの仕事は、ぜったいに穴を空けることができません。利用者のお宅に必ずヘルパーが行かなければならない仕事のため、ヘルパーに何らかの急が生じたとしても、基本的に休むことができません。

デイサービスであれば、他のスタッフや職員が協力をして穴を埋めてくれることも可能でしょう。しかしながら、訪問ヘルパーには基本的に代役がいないと考えてください。

子供が熱を出すなどの万が一に備え、子育て中の方が訪問ヘルパーをやる場合には、スタッフの代替が効きそうな大手に登録したほうが良いでしょう。

ケアマネ

介護関連の仕事の中で、実質的にはもっとも子育てと両立しやすいのがケアマネ。資格をお持ちの方は、デイやヘルパーとしてではなく、ケアマネの仕事を選んだほうが良いでしょう。

ケアマネの仕事は、自分で利用者とアポを取り、自分のペースで仕事を進められる点が魅力。アポの段取りを考えれば、基本的には、自分の好きなときに休むことができます。

万が一、アポを入れていた日に利用者を訪問できなくなった場合でも、「今日は休みます」と伝える先は利用者宅。会社に「今日は休みます」と伝えることに比べれば、ストレスは軽くなることでしょう。

介護職と子育てを両立させるには?

介護職と子育てとをうまく両立させるためには、まず、事業所と保育所のことを十分に知る必要があります。

事業所に関しては、勤務の曜日・時間、休暇日数、休暇の取り方などについて十分に確認してください。保育所については、休日などのスケジュールや延長保育、土日祝日の開所の有無等のシステムをしっかりと確認しておきましょう。

これら双方のシステムを突き合わせ、無理なく両立させられるかどうかを、さまざまシミュレーションしてみてください。

介護職は人を相手にする仕事なので、かならずしも定時にぴったりと終わるとは限りません。一方で保育所や幼稚園は、定時ぴったりで回っています。よって子育て中の方が介護職を両立させる場合には、「なるべく時間で動ける事業所」という視点を持って職場探しをしましょう。

元気村グループ(翔裕園)の産休・育休について

妊娠した場合の業務範囲、産休は取れるのか、また取りやすい環境なのか、元気村グループでは実際はどうか聞いてみました。

サイト監修社会福祉法人元気村グループ(翔裕園)
産休・育休後は働き方を変えることも可能
神成裕介
神成裕介(理事長)

産休や育休も取得しやすい環境だと思います。産休・育休を取得して戻ってくる方も多いですね。復帰を機に現場職から事務職や本部に異動する方もいて、そこは本人の希望を聞いています。 元気村グループ(翔裕園)について
詳細情報はこちら>

元気村グループの新卒採用情報をみる

元気村グループの中途採用情報をみる

妊娠中に介護職で働く際に気を付けたいポイント

妊婦さんが、介護の職場で働き続けるを選択した場合、職場にはできる限りの配慮をしてもらいたいところ。とはいえ、迷惑を掛け過ぎないようにする心構えも欠かせません。要点をまとめて話したり、説得力がある診断書などを用意したりして、自分の希望を的確に伝えましょう。

業務内容を妊娠経過ごとに見直してもらう

妊娠中のつらい症状や、つらくなるタイミングはひとそれぞれ。妊娠経過は、大きく分けると、妊娠初期・安定期である中期・お腹が大きくなってくる妊娠後期の3つです。経過によって体調も少しずつ変化するため、その都度見直してもらいましょう。

妊娠初期はつわりがあり、人によっては、つねに何かを口にしていないと気持ち悪くなったり、激しい吐き気が伴ったりします。

妊娠中は、疲れやストレスがたまりやすい時期でもあるので、イライラしやすいです。精神状態に余裕を持つためにも、つらい症状が出ている時期は、負担が少ない業務に変えてもらうようにしましょう。

母性健康管理指導事項連絡カードを提出しよう

母性健康管理指導事項連絡カードとは、妊婦さんの体にトラブルが発覚したときに、医師から職場に発行される書類です。トラブルとは、腰痛や切迫流産、高血圧の症状などを指します。この書類は、診断書も兼ねていて、トラブルの詳細や悪化を防ぐための仕事の取り組み方などが記載されています。

現時点の妊娠経過を知ってもらうのに効果的な手段である、母性健康管理指導事項連絡カード。妊娠経過を職場の人と共有できる利点があるほかに、業務内容の交渉をするうえでは、説得力のある強い武器となります。

いつまで仕事ができるかは、ケースバイケース

妊婦さんは、予定日の6週間前、双子以上の多胎だと14週間前から産前休暇を取れます。とはいえ、お腹が大きくなる時期でもあり、症状によっては、もっと早い段階で産休に入ることになるかもしれません。

お腹の張りや出血の状況によっては、医師の指示を仰いで、続けて仕事ができるかを確認しましょう。

妊娠期間を乗り切るアドバイス

これまで当たり前のように行っていた仕事や日常の動作も、妊娠中は簡単にできなくなるかもしれません。思い通りにいかないことでストレスを溜めるのは、自分にもお腹の赤ちゃんにも悪影響。妊娠期間は、細かい部分は気にしないで、リラックスして過ごすように意識しましょう。

妊娠した経験がある先輩の話を聞く

介護の職場は女性比率が高いので、職員の中には出産を経験している方も多いはず。職場に経験者がいる場合は、ぜひ妊娠時の話を詳しく聞いたり不安なことを相談したりしてみましょう。

においに敏感になる方や空腹時に気持ちが悪くなる方など、妊娠中に出る症状はさまざま。妊娠経験者の話と自分の症状に共通点がある場合は、早い段階での的確な対応につながります。

免疫力の低下を意識する

お腹の赤ちゃんに栄養を送り続けている妊娠期間は、免疫力が低下します。風邪やインフルエンザなどに感染しやすい状態なので、体調には注意が必要です。マスクの着用やうがい・手洗いの徹底、人混みをなるべく避ける工夫などをして、病気にかからないように気をつけましょう。

職場のスタッフへの心遣いが大切

職場から理解を得たとしても、想定以上に迷惑をかけてしまうことがあるかもしれません。妊娠が順調に経過している方でも、いきなり切迫早産となって、1か月以上職場から離脱する可能性もあるのです。

そのような想定外の事態が起きたときに強い効果を発揮するもの、それは信頼しあっている人間関係です。「迷惑をかけるのはお互いさま」とどちらも考えている環境だと、妊娠中でも落ち着いて働けます。

良好な関係を構築するためには、職場のスタッフに感謝の気持ちを持ち続けることが重要です。そして、のちのち困っている方がいた場合は、積極的に恩返しをするようにしましょう。