介護の現場での人間関係ってどうなの?

誰しも一度は悩んだ経験があるのが、職場での人間関係ではないでしょうか。関係が悪化してしまうと離職にも繋がり、個人だけでなく企業にとっても大きな問題です。元気村ではどういった対策をしているのでしょうか。

もくじ

離職理由で一番多い人間関係

どんな職場でも気になるのが人間関係。給与も良く、やりがいがあっても人間関係が悪化していると仕事を続けていくのに自信が無くなってしまう方もいるのではないでしょうか。離職の理由に一番多いのが、人間関係だと言われているくらい人間関係は重要です。

では介護士の職場の人間関係はどうでしょうか。介護職だけに限った話ではありませんが、長く仕事を続けていきたいと考えているのならば、職場に関する気をつけておきたいことを頭に入れておきましょう。就職する前にちょっとしたことを気にするかどうかだけでも違います。

人間関係で悩まないために

まず、人間関係で悩まないために大切なことは職場選びです。「条件なし!どんな方でも高収入で大募集!」「アットホームな職場です」と求人情報欄などに書かれていると信じそうになりますが、言葉を丸呑みしてはいけません。

その職場はいつも求人募集をしていないでしょうか?本当に条件はないのでしょうか?裏を考えすぎるのは良くないですが、求人をよく募集していたりする場所ならば、人の出入りが激しいということ。念のため、少し警戒するようにしましょう。

良さそうだな、と思う職場を見つけた場合、見学をさせて貰うことも大切です。長く働いていく場所なのですから、スタッフや利用している人の様子を観察することも大切です。文章で見るよりも感じることの方がこれからのお仕事環境や人間関係をイメージしやすくなります。また、面接の時に接するスタッフの方たちの様子を観察したり、どのような雰囲気なのかを質問してみたりするのも良いかもしれません。

人間関係に関しては悪い・良いでは無く合う・合わないの問題です。自分に合うかどうかを吟味して行くだけでも、ピッタリの場所を見つけやすいです。人間関係の合う働きやすい職場で働くことによって、楽しくやりがいのある仕事ができる確率も高まります。

元気村グループ(翔裕園)での人間関係は?

元気村グループでは離職率が11.4%です。これは介護職の業界の中で平均よりも低く、働きやすいことを示しています。

では、実際に人間関係で不満を抱いた場合、元気村ではどのような対策をとっているのでしょうか。理事長の神成裕介氏に聞いてみました。

サイト監修社会福祉法人元気村グループ(翔裕園)
悩みを聞く側のスタッフへの研修を強化
神成裕介
神成裕介(理事長)

主任以上の研修をもっとしっかりやろうと考えています。というのも、主任になり立ての人はむずかしい立ち位置で、今まで悩みを打ち明ける側から解決する側になるので。 これまでの反省を踏まえて、主任以上を対象とした研修を強化していこうと考えています。

元気村グループの新卒採用情報をみる

元気村グループの中途採用情報をみる