特別養護老人ホーム(従来型)

このページでは、未経験者でもトライしやすい特別養護老人ホーム(従来型)の仕事内容や1日の流れなどを紹介します。

もくじ

特別養護老人ホーム(従来型)の
仕事内容

特別養護老人ホーム(従来型)の仕事内容について、一般職と役職者にわけて紹介します。

特別養護老人ホーム(従来型)の
一般職の場合

数人で相部屋するつくりの従来型の特別養護老人ホームでは、複数スタッフで業務を担当するため新人もサポートを受けやすく、比較的個人単位の負担は軽めになると言われています。

業務は食事介助や排せつ介助、入浴介助などが中心で、更衣や口腔ケア、清拭など幅広く対応。利用者の方の生活支援が必要な場面でチームを組んでサポートし、それぞれの方の生活リズムや介助の必要性を把握しながら黒子になって見守るような形となります。残業は少なめで、定時で帰れるケースが多く見られます。

特別養護老人ホーム(従来型)の
役職者の場合

施設長やホーム長といったマネジメント職になると、介護という業務管理にプラスして人事管理も大切な業務となります。また、スタッフに運営基準を守らせるガバナンス能力も求められます。

特別養護老人ホーム(従来型)の
1日のタイムスケジュール

特別養護老人ホーム(従来型)の業務について、1日の代表的なパターンは以下のようになります。

※事業所によって始業・終業時間は異なりますので、参考程度にご覧ください。

9:00 朝礼を兼ねたミーティングで、スタッフ間の情報共有をします。
10:00 入居者の排泄サポートやおむつ交換、体操などを行ないます。
11:00 入居者が利用するシーツなどリネン交換をします。
12:00 昼食の用意をして、入居者の食事介助をします。昼食の片付けが終わったら休憩をとります。
14:00 健康管理へのアプローチを考え、入居者の状況によっては施設内を散歩したり、体操を行なったりします。
15:00 施設の屋上や周辺の外出をサポートします。
16:00 入居者向けの各種レクリエーションを実施します。
17:30 遅番や夜勤スタッフへの引き継ぎなど業務報告をして、次のシフト時に必要となる準備をします。これで1日の業務は終了です。

特別養護老人ホーム(従来型)は
どんな人に向いているか

特別養護老人ホーム(従来型)に向いている人とは?2,000人超の職員を抱える社会福祉法人元気村グループの理事長・神成裕介氏に聞いてみました。

サイト監修社会福祉法人
元気村グループ(翔裕園)
「共助の精神」に共感できる方が向いている
神成裕介
神成裕介
(理事長)

介護度3以上の方がご利用される施設ですが、一人ひとり認知症の有無や持病など状態は異なります。ですので介護度が高い、低いで働く人への資質が異なるとは考えていません。根本的に介護の現場で向いている方は「人を大切にする心」をもった方だと考えています。
人から人へと直接的なサービスを提供する機会が減少していくこの世の中で、介護は効率化を図るためにICTを導入もしながらも、もっとも大事なことは今後も変わりません。人と人との間で生まれる「助け合い」。つまり、共助の精神が非常に大切な職場になるので、そういったことに共感できる方が向いていると考えています。

元気村グループの
新卒採用情報を見る

元気村グループの
中途採用情報を見る

特別養護老人ホーム(従来型)の
概要

特別養護老人ホーム(従来型)の主な特徴は以下となります。

  • フロア単位でのグループケアを採用。
  • 夜勤は入居者25人につきスタッフ1人の比率でシフトが組まれ、月4~6回の夜勤あり。
  • 施設内で死角となる場所は少なめで、効率的に業務ができる傾向あり。

元気村グループ(翔裕園)の
特別養護老人ホーム(従来型)で働いている職員の声

人型アイコン

元気村はやりたいようにできる

元気村は「やりたいようにできる」と思います。合間を見つけて利用者さんと関わったり、目の前の仕事じゃないことができたり。働きやすいと感じますね。

元気村の
介護士の1日を見る