介護の仕事のすべて/介護業界への転職における不安をズバリ解消

介護業界への転職における不安をズバリ解消

介護業界に転職を考える場合は、不安も多いことでしょう。こちらでは、介護職への転職に関する不安を解消する内容をまとめています。未経験からでもできるのか、と言うようなお悩みやこれから介護業界はどのようになっていくのかというような将来への不安にも触れていますので、介護士への転職を考えている方は参考にしてみてください。

未経験でも可能?

転職に関して、未経験でもできるかどうかということは不安に思う方も多いようです。介護士は資格の有無に関わらず、仕事をすることができます。もちろん、資格を持っていることでできる仕事の領域は増えますが、必ずしも資格が無いと就職できないというわけではありません。また、就職後にサポートしてくれるような起業へ入職すればキャリアアップすることも可能です。未経験だからといって、諦めてしまうようなことはありません。やる気や情熱をもち、人の為に役に立ちたいと考える方にはやりがいのあるおすすめの職場です。

介護業界の将来性は?

介護業界の将来性は、実際のところどうなのでしょうか?未来はあるのでしょうか?少子高齢化の波もあり、仕事がなくなるという状況は考えにくいですし、介護士が今後ますます重宝されるのは間違いありません。さらに、国も対策を講じているので、より働きやすくなっていくはずです。

介護職に向いている人って
どんな人?

介護職が自分に合った仕事がどうかは気になるところでしょう。介護士に向いている人、性格とは?社会福祉法人としてはトップクラスの2,000人超の職員を抱える元気村グループで理事長を務める神成裕介氏に聞いてみました。

給与って職場で変わる?

介護士が不満を抱える要素のひとつが、給与です。仕事が割に合わないといった声はちらほら聞こえます。では、職場によって給与は変わるものなのでしょうか?調査しました。

有給はとりやすい?

有給のとりにくさも介護職ではよく聞かれることですが、はたして本当にそうなのでしょうか?介護職の有給消化率を提示しながら、その答えを導き出します。

介護の夜勤って大変?

介護職ならではの夜勤。夜勤をしたことがない人だと、初めは戸惑ってしまうかもしれません。夜勤手当がつくところもありますが、肉体的や精神的にも負担が大きいので、夜勤にはメリットもデメリットもあることを頭の中に入れておきましょう。宿直と夜勤が混同してしまっているところもあるので、この辺には注意が必要です。

介護士に賞与は出るの?

一般的な企業では、業績によって賞与の支給額は変化し場合によっては支給がされないこともあります。介護の業界においてもその点に変わりはありません。注意しておきたいのは、賞与を出さないことが違法ではないことです。就職する前に賞与についてもしっかりと確認しておくことが大切です。

介護士って結婚できるの?

収入が少ない、出会いが少ないなどのマイナスのイメージばかりが付いてしまい、結婚なんてできないと考えている方も多いと思います。実際のところはどうなのでしょうか。調べてみました。

介護士は妊娠しても働ける?

働いている中で妊娠がわかったということは、どんな業種であれ、起こり得ることで、女性にとっては大きな問題です。その後いつまで仕事を続けるのか、または退職をするのかなど、考えることが多いと思います。近頃では産休や育休を取得して、その後、復帰する女性も増えていますが、介護業界ではどうなのでしょうか。聞いてみました。

介護の仕事は時短勤務可能?

育児や家族の介護をするために勤務時間を短くすることが可能な時短勤務。法律でも認められている制度なので、条件がそろっているのなら、利用したいと考える人も多いと思います。しかし、実際に取得するには、職場環境や上司に左右されることも多く、簡単に取得することはできないという意見もあります。元気村グループではどうなのでしょうか。理事長に聞いてみました。

女性でも働きやすい?

マイナスのイメージもある介護業界ですが、女性にとって働きやすい環境なのでしょうか。昨今では利用者からの女性スタッフに対するセクハラなども問題になりつつあり、女性には厳しい業界のように映ります。女性スタッフも多い元気村はどうなのでしょうか。

介護の現場での人間関係ってどうなの?

どんな職場であっても、付いてまわってくるのが人間関係です。対応を間違えてしまうと、離職にも繋がる大きな問題です。介護職の場合も例外ではなく、悩みの種となっています。こちらのページでは、介護職での人間関係について解説しています。

介護人材再就職準備金とは?

介護の仕事を離職してしまった人を呼び戻す政策として、介護人材再就職準備金という貸し付け制度があります。条件クリアすれば返還免除もあるので、対象者の方はぜひ参考にしてください。

看護助手と介護士の違いは?

看護助手と介護士の違いとは何でしょうか?看護助手も介護士も人と関わることが多い仕事ですが、業務内容に違いがあります。その違いについて紹介しています。

介護職員初任者研修と実務者研修の違いは?

介護の資格としてよく耳にする介護職員初任者研修と実務者研修。どちらも資格も就職には有利といえますが、少し違いがあります。大きな違いは、介護福祉士の取得には実務者研修の資格が必要となる点です。

男性介護職員のメリット・デメリットは?

女性が多い職場というイメージがある介護職ですが、男性の介護職員の方も増えてきています。男性だからできる仕事や、悩みもあるでしょう。男性介護職員のメリット、デメリットについてまとめました。

介護職のコミュニケーションのポイントは?

人と関わることが多い介護職員には、利用者とのコミュニケーションが大切になります。コミュニケーションが上手く取れなくて悩む方も多いことでしょう。コミュニケーションを上手に取る方法はあるのでしょうか?

介護職のメリットとは

マイナスイメージの多い介護職ですが、実はメリットもたくさんあるのです。もちろんデメリットもあるので、職場選びがとても重要になります。良い面と悪い面、両方を知っておくことで、事業所選びの失敗を防ぐことが可能です。

介護職に体力は必要?

一口に介護職といっても、一般の介護士からデスクワークが専門の介護事務まで、いろいろな職種があります。また、利用者の介助を日常的に行う介護職は、続けることで体力がつくという副産物も。介護の仕事を継続するには、体調管理が大切です。

ブランクがあっても介護職に就ける?

ライフイベントを理由に介護職から離れた方が、再び介護職へ復帰するケースは少なくありません。ただ、ブランクがあるため、再就職の前に準備しておくべきことがあります。また、スムーズに復帰するためには、どうすれば良いのかなどを解説します。

介護業界で無資格でもできる仕事

資格を持たずに介護職に入職した場合は、資格を持つ職員のサポート役から経験を積むことになります。無資格でできる仕事は、介護の知識や技術がなくても可能な、清掃・利用者の話し相手など。次のページでは、無資格でもできる介護の業務内容を解説します。

介護職でも産休が取れるもの?

産休制度の取得は認められているものの、事業所によっては取りにくい場合も。育休や産休をうまく取るには、どう伝えれば良いのか、産休の取り方などを解説します。産休や育休がとりやすい事業所の特徴を、チェックしてみましょう。

介護職の医療行為の線引きは?

介護の現場で、実際に処置を求められる医療行為の中には、介護士が対応できるケアもあります。利用者に対して、どこまでの医療行為ができるのか、あるいはできない行為は何なのかをチェックしましょう。

介護職はシングルマザーでもできる?

国や各地方自治体が行っている、シングルマザーに対しての給付金制度があります。給付金制度の利用のほか、シングルマザーが介護士として働くメリットも多くなっています。施設によっては、独自に支援制度を設けているところもあります。

介護の仕事を早く覚えるには?

未経験で介護業界に就職した場合は、仕事を覚えるのが遅く、介助に戸惑うなど、悩みを抱える方も多いようです。仕事を早く覚えるには、利用者の名前を覚えたり、メモを取ったりなど、基本的なポイントをしっかり押さえておきましょう。