介護の仕事のすべて/より上位の介護資格をとるメリットとは

より上位の介護資格をとるメリットとは

このカテゴリーでは、介護福祉士や介護職員初任者研修など、介護施設での勤務に役立つ資格をピックアップ。取得のメリットや受験資格などを紹介しています。

介護の資格をとるメリットとは?

介護の仕事は未経験からでも始めることができますが、介護職の求人を見ると、介護初任者研修などの有資格者が重宝される傾向にあるのが事実。というのも、資格の有無で仕事の領域が変わってくるからです。たとえば資格があれば、入浴介助などより利用者さんの身体に触れる「身体介護」ができますが、ない場合は当然できません。

また、資格の有無で給料も大きく異なります。「給与が仕事内容に合わない」と叫ばれる介護の業界において、介護福祉士などの資格をとるメリットは少なくないのです。

介護福祉士

介護業界に特化した資格のなかでも、国家資格となるのは介護福祉士のみ。介護施設の現場でケアワーカーと呼ばれるのが介護福祉士で、利用者に対する介助をするのはもちろん、ヘルパーや介護職員を指導したり、相談にのったりすることも求められます。

介護施設での管理職ポジションを目指すなら、ぜひともチャレンジしたい資格です。

介護職員初任者研修

介護施設で利用者の身体に直接触れる身体介護をするには必須となるのが、介護職員初任者研修。介護業務に関するもっともベーシックなもので、130時間の講習を履修し終えると取得できます。実技演習もあるので通学する必要はありますが、きちんと学習すれば難易度の高いものではありません。

介護職員実務者研修

介護職員初任者研修の次にチャレンジしたいのが、介護職員実務者研修。こちらは講習が450時間とかなりのボリュームですが、介護職員初任者研修修了者は130時間分が免除されます。

介護の実務を積みながらのトライになると思いますが、介護福祉士受験資格のひとつのルートでもあるので、通信教育なども検討してトライしたいところ。

管理栄養士

管理栄養士は、病気を患っている方や高齢者、アスリートの栄養管理など一人ひとりに合わせて栄養指導や給食管理、栄養管理を行います。厚生労働大臣の免許を受けた国家資格となっており、活躍できる職場が多く、需要の高い資格の一つです。

ケアマネージャー

“ケアマネ”などと呼ばれることもあるケアマネージャー。資格取得の難易度が高い分、需要も多く、給与面も一般的な介護職員に比べると高くなります。現場で介護を行う職ではなく、デスクワークが中心になります。

生活相談員

老人ホームや病院などの利用者や患者さんに対して、生活や入居・入院などの相談にのるのが、相談員の主な仕事です。 生活相談員は職種名であり、資格要件は定められているものの、資格そのものというわけではありません。

理学療法士

国家資格のため信頼度が高く、高齢化が進む日本において、需要が高まっています。理学療法士の活躍できる場面は多く、高齢者の自立支援をはじめ、児童の就学支援、スポーツ施設などでの健康づくりのサポートなど多岐にわたります。

認知症ケア専門士

民間資格ですが、専門性が高いことから権威ある資格とされています。文字どおり、認知症の患者のケアを専門的に行うための資格となっており、医療機関や介護保険施設、グループホーム、有料老人ホーム、地域包括支援センターなどさまざまな場所で活躍することができます。

福祉用具専門相談員

福祉用具の選び方や使い方をアドバイスする福祉用具専門相談員。福祉用具のレンタル店や販売店を中心に、介護現場やドラッグストアなどでも、徐々に資格保有者のニーズが高まってきています。