ケアハウス

このページでは、比較的低料金で軽費老人ホームとも呼ばれるケアハウスの仕事内容や1日の流れなどを紹介します。

もくじ

ケアハウスの仕事内容

ケアハウスの仕事内容について、一般職と役職者とに分けて紹介します。

ケアハウスの一般職の場合

訪問介護事業所を併設する一般型ケアハウスの場合、日勤・夜勤とも介護サービスを担当することになります。

デイサービスを併設する一般型ケアハウスの場合、夜勤専属で採用されることがあり、入浴介助を担当することは少ないでしょう。

このように、施設によって介護の対応範囲は異なりますが、ケアハウスは比較的介護度合いの低い入居者も多いので、介助業務の頻度も少なめといえそうです。

いずれにせよ、個々の生活スタイルを重視したサービスを提供し、利用者さんといろいろ話して理解することが大事になってきます。

ケアハウスの役職者の場合

ケアハウスは自治体から助成を受けて運営されるため、施設長といった管理職になると、業務管理や人材管理だけでなく収支管理も大切な業務となります。

利益最優先でもNGで、公的資金をムダにしない、バランス感覚が求められます。これは民間企業とは異なる点で、利用者ファーストで冗長な支出をしないなど、運営の工夫が必要となるわけです。

ケアハウスの
1日のタイムスケジュール

ケアハウスの業務について、1日の代表的なパターンは以下のようになります。

※事業所によって始業・終業時間は異なりますので、参考程度にご覧ください。

8:30 夜勤担当からの申し送り内容のチェック。必要に応じて入浴や臥床のサポートを行ないます。
10:00 入居者とともに、軽い体操を行ないます。
12:00 食事介助が必要な入居者にはサポートをして昼食をとります。
12:30 交代制でスタッフが休憩をとりつつ、見守りや記録作成などをします。
13:30 スタッフは自分のデスクワークをしたり、清掃をしたりします。
15:00 ティータイムorお茶の時間をセッティング。屋上や施設周辺への外出をサポートすることもあります。
17:00 食事介助が必要な入居者にはサポートをして夕食をとります。
17:30 1日の業務は終了です。

ケアハウスは
どんな人に向いている?

ケアハウスに向いている人とは?2,000人超の職員を抱える社会福祉法人元気村グループの理事長・神成裕介氏に聞いてみました。

サイト監修社会福祉法人
元気村グループ(翔裕園)
精神的なサポートができる方が向いている
神成裕介
神成裕介
(理事長)

ご利用者様ご自身で一定のことは行なっていただけますので、物理的な介護が少ないのがケアハウスの特徴。ご利用者様のお話を聞くといったことが多くなるため、そうした精神面のサポートができる方が向いていると考えています。

元気村グループの
新卒採用情報をみる

元気村グループの
中途採用情報をみる

ケアハウスの概要

ケアハウスの主な特徴は以下となります。

  • 近親者の支援が困難な高齢者が入居する比較的安価な生活サポート施設。
  • 軽費老人ホームC型ケアハウスは一般型と介護型に分類される。
  • 訪問介護とデイサービスを併設した一般型ケアハウスもあり。

元気村グループ(翔裕園)の
ケアハウスで働く職員の声

人型アイコン

不明点やミスは先輩がフォローしてくれる環境

未経験で入りましたけど、仕事内容に関しての難しさはなかったです。わからないことやミスしたことは先輩がフォローしてくれるので、そこはとてもやりやすいと感じます。