介護の夜勤って大変?

介護士の夜勤はつらそうと考える方も多いですが、働きやすいと考える職員や、手当が出るので嬉しいと考える職員もいるようです。夜勤について詳しく見てみましょう。

もくじ

介護士の夜勤はつらい?

介護職の夜勤は大変とか、つらいというイメージがある人は少ないかもしれません。忙しそうというイメージがあるのは、スタッフの人数が日中に比べて圧倒的に少なくなるからではないかと考えられます。

施設によっても異なりますが、たとえば、従来型は利用者25名に対して介護/看護スタッフが1名以上、ユニット型は2ユニットを介護/看護スタッフが1名以上、グループホームでは利用者9名に対して介護/看護スタッフが1名以上というような配置人数になっています。

実際に夜勤における介護の仕事内容を見てみましょう。

夜勤の仕事内容とは

介護士の夜勤の主な仕事は、就寝の確認やトイレ・口腔内のケア・着替えなどの手助け、確認のための巡回、雑務、起床の手助けとなります。 利用者の方が就寝するまでの手助けをし、消灯時間になったら巡回をしながら確認。その間も、オムツやトイレなどに関して、利用者の要望を聞く形です。

レクリエーションや入浴の補助はないので、日中に比べると比較的細かい作業が多いと言えます。

夜勤の職員が複数いる場合は、仮眠ができる場合がほとんど。朝の起床時間になったら着替えや食事の準備をしつつ、日勤の職員が出勤してきたら、引き継ぎをして夜勤終了となります。

夜勤のメリットとデメリット

メリットは?

夜勤のメリットはなんといっても手当が出ること。夜勤が多ければ多いほど、給料アップが狙えます。また、夜勤明けはその後に自由な時間を手に入れやすいと言うこともメリットです。

ちなみに、夜勤が宿直扱いになっていないかしっかりと確認しておきましょう。夜勤明けは勤務扱いになりますが、宿直明けだと休日扱いにされてしまいます。

デメリットは?

デメリットは、生活リズムの乱れや、利用者に緊急のトラブルが起きた場合の対応が大変と言う点です。夜勤になれていないと、肉体的にも負担がかかりやすくなるので注意。苦手意識を持っていても、やってみると意外と働きやすいと感じることもあるかもしれません。

介護の仕事の全貌を見る

元気村グループ(翔裕園)の夜勤の考え方

サイト監修社会福祉法人
元気村グループ(翔裕園)
夜勤の業務負荷を軽減できるように
神成裕介
神成裕介
(理事長)

夜勤の考え方は人それぞれです。夜勤は思ったより楽とおっしゃる方もいらっしゃいますし、給与が高くなる夜勤をご希望される方も少なくありません。
とくに夜勤は少人数での介護が必要となりますが、弊社ではICT機器を導入しご利用者様が起き上がったり、呼吸に異常が見られたら通知がくる見守りの最新のセンサーを導入することで、業務負荷を軽減できるよう努めております。

元気村グループの
新卒採用情報をみる

元気村グループの
中途採用情報をみる