看護小規模多機能型居宅介護

このページでは、複合的な介護保険サービスを受けられる看護小規模多機能型居宅介護の仕事内容や1日の流れなどを紹介します。

看護小規模多機能型居宅介護の
仕事内容

看護小規模多機能型居宅介護の仕事内容について、一般職と役職者とに分けて紹介します。

看護小規模多機能型居宅介護の
一般職の場合

複数の介護保険サービスを手掛けている看護小規模多機能型居宅介護では、デイサービスやショートステイ、訪問介護/訪問看護など臨機応変に業務を行ないます。ショートステイは夜勤となりますし、併設する住宅型有料老人ホームがあれば介護スタッフとしてそこで業務を行うケースも見られます。

看護小規模多機能型居宅介護の
役職者の場合

看護小規模多機能型居宅介護の管理者には、決められた要件があります。各種介護施設で認知症の介護経験が3年以上あり、認知症対応型サービス事業開設者研修を修了していること。あるいは保健師か看護師であることが求められます。

複数の介護保険サービスに対応できる分、利用者に最適なプランを提供することも重要なミッションです。

看護小規模多機能型居宅介護の
1日のタイムスケジュール

看護小規模多機能型居宅介護の業務について、ショートステイを例に1日の代表的なパターンを紹介します。

※事業所によって始業・終業時間は異なりますので、参考程度にご覧ください。

17:00 日勤スタッフからの申し送り事項を確認。夕食では必要に応じて介助をします。
17:30 臥床や口腔ケアのサポートを行います。
18:00 夕食の片付けや排泄介助をします。
20:00 必要に応じて服薬介助をします。
21:00 消灯、就寝。見回りは2時間ごと、体位やオムツの交換などをすることがあります。
翌5:00 朝食の配膳準備を始めます。
翌6:00 入居者の起床を促して、身支度を整えます。
翌7:00 必要に応じて朝食介助をします。
翌7:30 排泄や口腔ケアのサポートを行います。
翌8:00 入居者の状態チェックをして記録作成します。
翌8:30 日勤スタッフへの申し送りを行います。
翌9:00 夜勤業務の終了です。

看護小規模多機能型居宅介護は
どんな人に向いている?

看護小規模多機能型居宅介護に向いている人とは?2,000人超の職員を抱える社会福祉法人元気村グループの理事長・神成裕介氏に聞いてみました。

サイト監修社会福祉法人
元気村グループ(翔裕園)
多くの目的に沿ってサポートがしたい方に
神成裕介
神成裕介
(理事長)

ご本人のご自宅での生活を支え、自立した環境を整えていくのが看護小規模型居宅介護の考え方となります。そのためデイサービス、ショートステイ、訪問介護/看護のサービスを柔軟に提供しております。
時には病院から退院して間もない方の在宅復帰の場を担い、時には訪問看護として利用者様一人ではなかなかできない日常生活の助けとなったり、長時間・短時間を問わずデイサービスとして地域の皆さんの憩いの場を担ったりと、さまざまな場面と用途で社会に貢献できます。そうした多くの目的を通して、ご利用者様をサポートしたい方は向いていると考えています。 元気村グループ(翔裕園)について
詳細情報はこちら>

元気村グループの
新卒採用情報をみる

元気村グループの
中途採用情報をみる

看護小規模多機能型居宅介護の
概要

看護小規模多機能型居宅介護の主な特徴は以下となります。

  • デイサービスと訪問介護/訪問看護、ショートステイを一体化した介護保険サービス施設。
  • 介護スタッフと看護師が在籍、自宅暮らしの高齢者に対する地域密着型事業。
  • 訪問看護を行った際にご利用者様の体調が良くない場合はそのまま施設へお連れし、
    ショートステイを利用するなどご利用者様の状況に合わせて最適なサービスを臨機応変に提供。
  • 24時間365日対応のサービスで、介護する家族をフルサポート。

元気村グループ(翔裕園)の
看護小規模多機能型居宅介護で働く職員の声

人型アイコン

「利用者様だけでなく職員も楽しく」の目標を掲げて

我々の施設では「利用者様だけでなく職員も楽しく」という目標を掲げています。大変なときでも冗談を言い合ったりして乗り越えていこうという雰囲気が、働きやすさに繋がっていますね。