デイサービス

このページでは、通所介護施設を意味するデイサービスの仕事内容や1日の流れなどを紹介します。

もくじ

デイサービスの仕事内容

デイサービスの仕事内容について、一般職と役職者とに分けて紹介します。

デイサービスの一般職の場合

介護度は比較的軽めの利用者が多いため、日常生活の支援といっても、利用者が楽しめるような対応やコミュニケーションスキルなどが求められます。リハビリやレクリエーションなどが主体で、利用者さんの生活のなかで刺激や楽しみになるようなサービスを考えるのが醍醐味といえるでしょう。

デイサービスの役職者の場合

デイサービスは小規模組織となるケースが多く、リーダーや主任と呼ばれる職種は指導職、施設長・所長が管理職となります。管理職となると、事業計画の立案やサービスの利用状況分析と課題抽出など、PDCAサイクルを意識したマネジメントをすることになります。

デイサービスの
1日のタイムスケジュール

デイサービスの業務について、1日の代表的なパターンは以下のようになります。

※事業所によって始業・終業時間は異なりますので、参考程度にご覧ください。

8:30 当日の利用者についてチェックして、レクリエーションなど必要な段取りをしておく。
9:00 訪れた利用者を出迎えて、看護師による健康チェックをサポートします。
10:30 利用者に応じて入浴介助をします。
12:00 昼食の準備をして、介助が必要な利用者にはサポートをします。
13:00 利用者の昼食を片付けた後、スタッフの休憩タイムとなります。
14:00 看護師らとともに利用者のレクリエーションをします。
15:00 おやつタイムは利用者同士、職員とのコミュニケーションの場ともなり、交流を深める機会となります。また、屋上や施設周辺への外出をサポート。
16:00 当日の介護内容を記録、体調チェックなどもしておきます。
16:30 送迎車で帰宅する利用者の見送り。安全確保のために送迎者に同乗して付き添います。
17:30 掃除やスタッフ間でのミーティングなどをして1日の業務は終了です。

デイサービスは
どんな人に向いている?

デイサービスに向いている人とは?2,000人超の職員を抱える社会福祉法人元気村グループの理事長・神成裕介氏に聞いてみました。

サイト監修社会福祉法人
元気村グループ(翔裕園)
「楽しんでいただく」サービス提供が大事
神成裕介
神成裕介
(理事長)

日々同じ利用者様とコミュニケーションをとる特別養護老人ホームや介護老人保健施設などと異なり、日々変わる利用者様の状態を見極めながらサービスを提供する難しさはあると思いますが、より多くの方とコミュニケーションをとれる機会に恵まれた職場だと思います。
多いのはグループで行なうレクリエーション。そのなかで1人ひとりの小さな表情や状態の変化を見落とさずしっかりサポートし、その日を楽しんでいただきたいので気配りはひとつ重要なポイントかもしれません。 ただレクリエーションをするのではなく、「もしデイサービスにその日こなかったら、こんなに笑顔になることはなかった、明日の活力になった、またぜひ参加したい」と思ってもらえるようなサービスを提供していきたいと思っておりますので、そうした想いに共感できる方が向いていると思います。

元気村グループの
新卒採用情報をみる

元気村グループの
中途採用情報をみる

デイサービスの概要

デイサービスの主な特徴は以下となります。

  • 通所介護施設で食事や入浴といった日常生活のサポートがメインサービス。
  • 特別養護老人ホームやグループホームなどとの併設のケースもあり。
  • 利用者家族の介護負担を軽減することが第一義で認知症予防にも寄与する。

元気村グループ(翔裕園)の
デイサービスで働く職員の声

人型アイコン

職員の関係が良い

職員の関係性が良いですね。親身になって仕事を教えてくれたり、対応してくれるところが働きやすさに繋がっています。