キャリアアップしやすい環境か

キャリアアップという目標があれば、仕事はさらにやりがいがあるものとなり、楽しく感じられるでしょう。介護職でもさまざまな教育・実習を受けることができるところはあります。このように、キャリアアップに取り組んでいる企業に勤めることで、自身のレベルアップをすることができるでしょう。

介護士に対する教育では、初任者研修・実務者研修・介護福祉士があります。こちらでは、そんな介護士のキャリアアップの流れを紹介していきます。

もくじ

介護の教育・研修の状況

介護の仕事は身体介護と生活援助がメインですが、介護士のスタートラインの証明書となるのが、介護職員初任者研修です。基礎的な知識や技術も学ぶことができ、後には介護福祉士や認定介護福祉士の資格を目指すこともできます。

修了のメリットは、給料のアップと信頼性の向上です。保持することによって自分自身も自信がつきますし、どのように介護をしていけば良いかがわかります。資格手当がつく職場もあるので、給料アップも期待できるでしょう。

介護職員初任者研修を修了していれば、訪問介護が可能になります。そして、実務研修を受けることで、さらに知識や技術を習得できる、介護福祉士の資格を目指すことができます。これからは、さらに高齢化が進むと言われている日本。介護職の求人は多くありますが、資格を持っていることによって、さらに就職しやすく求められやすくなるでしょう。活躍できる場所がぐっと増えることになるでしょう。

介護初任者研修とは

介護初任者研修とは、介護に関する資格や証明書のなかでも取りやすいと言われています。

130時間の講習を受け、試験を受けるのが取得の流れ。通常2~3ヶ月ほどで取れると言われていますが、試験もあるので基礎の勉強が大切になってきます。

介護初任者研修を
詳しく知りたい

介護実務者研修とは

介護実務者研修とは、介護初任者研修よりもひとつ上をいく証明書。また、この証明書が取れないと、介護福祉士の受験資格を手に入れることもできません。介護福祉士を目指すには、避けて通れない道です。

介護初任者研修よりも高い介護の知識や技術を身に着けられるようなカリキュラムが組まれており、研修時間も450時間と大幅にアップ(介護初任者研修の130時間を含む)。

また、法の改正によりできたこの介護実務者研修は、いままでよりも医療と介護を近づかせました。医療的なケアもカリキュラムに取り込まれています。この資格を持っていると知識や技術を持ち、自信もつきますし、介護福祉士へのキャリアアップの道を目指すこともできます。

介護実務者研修を
詳しく知りたい

介護福祉士とは

介護福祉士は国家資格で、それだけ重宝されやすく待遇も良い資格です。介護福祉士の資格の有無で、給与にも差が出てきます。

また、仕事のできる範囲も広がりますし、やりがいにも繋がるでしょう。介護福祉士を目指すには、施設で働きながら取る方法、福祉を勉強できる高校を卒業して目指す方法、介護福祉士の養成施設を卒業して取得する方法があります。

介護福祉士を
詳しく知りたい

キャリアアップに関する
元気村グループ(翔裕園)の取り組み

研修の充実で有名な社会福祉法人元気村グループ。その理事長を務める神成裕介氏に、キャリアアップに関する元気村グループの取り組みを聞いてみました。

サイト監修社会福祉法人
元気村グループ(翔裕園)
内部の研修だけでなく資格取得のサポートも
神成裕介
神成裕介
(理事長)

人が財産という考えのもと、元気村では研修を充実させています。たとえば、新入職員向けや3年目の方向け、指導職研修など、幅広く展開しています。
そうした内部研修のみならず、著名な講師による講義が行なわれる高齢者介護研究発表会、次世代リーダー育成のための元気塾を開催。グループの教育機関である関東福祉専門学校で、介護福祉士の国家試験対策などの講座を開講もしており、資格所得のサポートも行なっています。

元気村グループの
新卒採用情報をみる

元気村グループの
中途採用情報をみる

元気村グループ(翔裕園)のキャリアアップ
についての職員の声

キャリアに応じた研修で必要な知識が身に着く

キャリアアップしやすいと思います。入職時・入職後3か月・半年・総合職・指導職・管理職と、それぞれのキャリアに応じた研修で必要な知識を身に着けられます。また、キャリアアップ研修で介護の知識や技術を学ぶこともできるので。