給与って職場で変わる?

このカテゴリーでは、介護士の給料について掘り下げていきます。

もくじ

介護士の年収相場は?

厚生労働省のデータによると、介護士の平均年収は約322万円。これは年間賞与やその他の給与も含む金額となっています。全体的な平均で見ても、医療系の職種のなかで見ても、介護士の平均年収は高い方ではありません。

介護士の仕事内容は大変と考えている介護士も多く、仕事内容のわりに賃金が少ないと感じている方もいるようです。なかにはそれが理由で離職を考える人も。

引用元:介護労働安定センター「平成21年度介護労働実態調査」[PDF]

給料を左右する要素は?

介護士の給与を左右する最大の要素は、資格の有無や保有資格の種類。当然、無資格者よりも有資格者のほうが給与は高くなります。 通常の給与に加算される金額がもっとも大きい資格は、介護福祉士。次いで介護支援専門員、ヘルパー2級と続きます。

なお加算される金額ではなく、給与のトータルで見た場合のもっとも有利な資格は社会福祉士。2位が介護支援専門員、3位が福祉用具専門相談員となっています。

職種別の平均年収

介護に関わる仕事の中から、ケアマネージャー、福祉施設し介護員、ホームヘルパーの3種類の職種について、平均年収を比較してみましょう。以下、男女合わせた平均年収となります。

  • ケアマネージャー…378万円
  • 福祉施設介護職員…322万円
  • ホームヘルパー…308万円

職種を問わず、男女合わせた日本人の平均年収は410~420万円程度。それに対し、介護職の最高峰とも言われるケアマネージャーの平均年収が378万円です。

ハードな仕事として知られ、かつ、今後ますますニーズの増大が見込まれる介護職。国民の声はもとより、政府の見解も含め、介護職における給与水準の見直しは急務の課題とされています。

年齢別の平均年収

ケアマネージャー、福祉施設介護職員、ホームヘルパーの3職種に分け、それぞれ年齢別の平均年収を確認してみましょう。以下、男女合わせた平均年収となります。

ケアマネージャー

  • 20代/330万円
  • 30代/362万円
  • 40代/394万円
  • 50代/394万円
  • 60代/336万円

福祉施設介護職員

  • 20代/298万円
  • 30代/337万円
  • 40代/341万円
  • 50代/336万円
  • 60代/258万円

ホームヘルパー

  • 20代/279万円
  • 30代/323万円
  • 40代/317万円
  • 50代/309万円
  • 60代/268万円

職種によって返戻別の平均年収にややバラつきはありますが、おおむね、30~50代の年齢層の年収をピークとした山を描いていることが分かります。もちろん、年齢だけではなく、勤続年数や能力等も平均年収に影響してくることは言うまでもありません。

男女別の平均年収

ケアマネージャー、福祉施設介護職員、ホームヘルパーの3職種における男女別の平均年収を見てみましょう。

男性
平均年齢 年収
ケアマネージャー

42.2

3,958,300円

福祉施設介護職員

37.3

3,399,400円

ホームヘルパー

37.5

3,145,700円

女性
平均年齢 年収
ケアマネージャー

48,9

3,611,300円

福祉施設介護職員

41.0

3,036,200円

ホームヘルパー

47.6

3,013,700円

男性と女性の平均年収を比較した場合、やや男性のほうが高いことが分かります。男性の平均年収のほうが高い背景にはさまざまなものがあると考えられますが、その一つとして、男性のほうが管理職に就く割合が高いことが考えられるでしょう。

介護職に就く人の生の声

人型アイコン

介護福祉士歴16年です。現在は基本給24万円のほかに、地域手当や資格手当などの各種手当が加算されて、年収だと約450万円くらいです。国民の平均年収とほぼ同じですね。余裕のある生活とは言えませんが、特別に不自由があるわけでもありません。

人型アイコン

32歳。新しい職場に移ってから、もうすぐ3年になろうとしています。基本給は22万円くらいですが、そこに色々な手当やボーナスが付くので、まあまあ普通の生活を送れていると思います。給与より何より、前の職場と比べて人間関係が良くて働きやすいです。人間関係は、職場選びの際の大きなポイントだと思いますよ。

人型アイコン

介護福祉士として施設で働き始めて4年になります。夜勤は月6~7回ほどで、年収は440万円くらいです。施設長が代わったら残業代が出るようになり、年収が少しアップしました。施設長の人間性をよく見て職場探しをしたほうが良いかも知れません。

人型アイコン

自分で興した会社がつぶれてしまい、足掛けのつもりで介護業界に入りました。26歳女性ですが、額面給与は29万円でボーナスは80万円出ます。26歳としては意外といい給料をもらっているので、もう足掛けのつもりはありません。むしろ自分で施設を開設しようかと検討中です。

人型アイコン

大阪郊外にある老健で介護福祉士をやっています。勤続19年です。色々な手当を含めると、現在の手取りは約27万円くらいですかね。賞与は年2回で計80万円弱です。私は正職員なので良いのですが、嘱託職員の方々は、同じ仕事をしていても給料が少し安いようですね。個人的には正職員を目指すことをお勧めします。

人型アイコン

介護業界は事業者によって全く待遇が違いますよ。私は20万円スタートでしたが、その後、より高い給料を求めて施設ジプシー(放浪)しました。ジプシーが功を奏し、今は夜勤なしで28万円もらっています。しっかり探せば、きっと良い事業者が見つかりますよ。

人型アイコン

よく「介護業界は稼げない」と聞くけど、本当に皆さん、そんなに給料安いですかね。私は勤続13年目なんですが、年収は600万円弱ありますよ。施設によって、かなり待遇が違うのかも知れませんね。良い事業者に巡り合えることをお祈りします。

介護職員の給料が低くなる理由

それでも施設側はがんばっている

介護現場で働く方々からは「もっと職員の給料を上げて欲しい」という声を多く聞きます。もちろんその声は、施設運営者にも届いています。 しかしながら施設側には、職員の給料を上げたくても上げられない理由があります。それが「すでに施設の収入のほとんどを、職員の給料に回している」という現実です。

訪問介護では施設の収入の約9割が職員の給料

施設に入る収入は、自治体から支払われる介護報酬です。介護報酬の額は国が定めているため、自治体や施設が自由に決めることはできません。

この介護報酬のうち、介護施設事業者では約6~7割、訪問介護事業者では約9割を職員の人件費に回しています。最低限の運営コストを差し引くと、事業者側には、ほとんどお金が残りません。

この状態で職員の給料だけを上げると、運営がままならず介護サービスのクオリティが下がり、利用者が減ってしまう恐れがあります。 いかに「職員の給料を上げてくれ」と言われても、事業者側にとってみれば、「無い袖は振れな」いのです。

給料の低い施設と給料の高い施設がある理由

「無い袖は振れない」はずの介護事業者ですが、事業者によって職員の給料の額に幅があることも事実です。 同じ仕事内容であるにもかかわらず、ある施設では年収450万円、別の施設では年収250万円、といったケースも決して珍しくありません。 なぜ、限られた介護報酬の中で、施設によって給料に差が出てしまうのでしょうか?

ポイントは運営費のコストカット

大規模に展開している事業所の場合、スケールメリットを活かした経営の効率化により、運営費のコストカットを図ることができます。 たとえば業者からオムツを購入する場合、施設のグループで一括大量購入をすれば、割安でオムツを購入できるかも知れません。あるいは、利用者からの連絡先を一か所に集約すれば、現場で連絡に対応する職員の数を減らす(人件費を減らす)ことができるでしょう。

これら経営の効率化によって生まれた余剰分を、がんばっている介護職員への給料に上乗せしている大規模事業者もあります。

逆に小規模の事業者の場合、経営の効率化で実現できるコストカットは限定的かも知れませんが、介護サービス自体の効率化によって運営費を抑えることは可能です。 小規模事業者の求人を比較する際には、施設の介護サービスへの取り組みの工夫を、よくチェックしておくべきでしょう。

介護士の待遇改善に国も動き出している

ベテラン介護職の賃上げへ

団塊世代の高齢化を始め、今後訪れる段階ジュニア世代の高齢化を前に、介護職のニーズはますます高くなっていくことが予想されます。その一方で、他の業種に比べると介護職の給与水準はやや低く、かつハードな労働条件も重なり離職する人が絶えません。

このような背景の中、介護職に就業する人の増加と介護職からの離職防止を狙い、厚生労働省はベテラン介護職の人の賃上げを検討。消費税の増税分を財源に、2019年10月より賃上げの実現を目指して議論が進められています。

政府主導による介護職員処遇改善加算とは

重労働低賃金が叫ばれて久しい介護業界。劣悪な労働条件を前に、政府主導で業界体質の改善を図る制度が介護職員処遇改善加算です。

制度の内容を簡単に言うと「まじめに取り組んでいる施設には政府がお金を出します」ということ。ただし、政府から給付されたお金は、あくまでも介護士の給与に加算することが条件となっています。現場の介護士から見れば、月々の給与アップに直結する非常に素晴らしい制度です。

加算の金額は、施設の「まじめ」の度合いに応じⅤ~Ⅰの5段階。Ⅴに認定された施設は職員一人当たり月額37,000円相当の給付、Ⅰに認定された施設は職員一人当たり月額12,000円相当の給付となります。

事業所に給付されたお金の分配方法については、事業所が決めます。よって、職員が皆一律に同じ金額を給付されるわけではない点に注意してください。

介護職員処遇改善加算の詳細については、当サイト「福利厚生が充実しているか」をご覧ください。

福利厚生が充実しているか
をみる

給与が高い施設形態は?

常勤の介護士の平均給与額は276,940円とされています。しかしながら実際のところ、同じ常勤の介護士でも、務めている施設によって給与は変動します。以下、平均給与が高い施設を上から順に見ていきましょう(常勤)。

  • 1位:介護老人福祉施設…302,680円
  • 2位:介護老人保健施設…291,300円
  • 3位:訪問介護行書…264,680円
  • 4位:かご療養型医療施設…263,800円
  • 5位:通所介護事業所…253,230円
  • 6位:認知症対応型共同生活介護事業所…243,380円

もっとも平均給与が高い施設が介護老人福祉施設。逆に、もっとも平均給与が低い施設が認知症対応型共同生活介護事業所。その差を年間で示すと、実に711,600円にもなります。賞与を含めれば100万円前後の違いになるかも知れません。 同じ常勤の介護職にも関わらず、やや気持ちの悪いデータとなっています。

介護士の年収をアップするには?

介護福祉士の資格をとる

介護士の年収をアップするために一番良い方法は、キャリアアップして資格手当を狙うことです。たとえば、無資格のまま介護業界で働いていても手当はつかず、年収がアップすることも基本的にはありませんが、介護福祉士などの資格を習得すれば、年収も50万円以上は上がると言われています。

企業によっては資格の習得をサポートしてくれたり、資格習得にかかる費用を補助してくれたりするようなところもあります。ぜひ、キャリアアップもしながら年収をアップさせましょう。

介護の資格をとる
メリットをみる

夜勤の手当を狙う

夜勤や残業などの手当を増やすことや、年末年始などの期間に働くことで特別手当をもらえる場合もあります。夜勤をメインにこなす人もいるくらいです。

より規模の大きい施設を検討

転職を考えるのもひとつの手です。施設によってあまり大きな違いはないと言われていますが、介護施設のなかでも、特別養護老人ホームは給与の平均金額が高いと言われています。まだ、就職をしていないのであれば、賃金はもちろん、キャリアアップのしやすさや手当のことも考えて企業を選ぶと年収アップが狙えるかもしれません。

介護職の給与に関する
社員の声を見る

元気村グループ(翔裕園)の給与について

2,000人超の職員を抱え、社会福祉法人としてトップクラスの規模を誇る社会福祉法人の元気村グループ。その理事長を務める神成氏にリアルな給与事情について聞いてみました。

サイト監修社会福祉法人
元気村グループ(翔裕園)
給与増に重要なのはキャリアアップ
神成裕介
神成裕介
(理事長)

介護職の給与は、社会福祉法人、株式会社を問わず、どこの現場でもそう大きくは変わりません。重要なのは、キャリアアップ。介護の現場を変えたいというモチベーションを持って介護と向き合えば、どんどんキャリアアップできますし、それにともなって給与も上がっていくでしょう。
また、我々元気村グループでは、2018年11月から「新人事評価制度」を導入しました。それは年齢や経験年数ではなく、実力に応じた給与制度を意識し、キャリアアップについても役職を問わず各職種ごとに技術や職務内容、範囲に応じてキャリアアップを実現できるよう制度を設計し直したもの。時代の変化に応じた仕組みづくりを実現しています。 元気村グループ(翔裕園)について
詳細情報はこちら>

元気村グループの
新卒採用情報をみる

元気村グループの
中途採用情報をみる