給与って職場で変わる?

このカテゴリーでは、介護士の給料について掘り下げていきます。

もくじ

介護士の年収相場は?

厚生労働省のデータによると、介護士の平均年収は約322万円。これは年間賞与やその他の給与も含む金額となっています。全体的な平均で見ても、医療系の職種のなかで見ても、介護士の平均年収は高い方ではありません。

介護士の仕事内容は大変と考えている介護士も多く、仕事内容のわりに賃金が少ないと感じている方もいるようです。なかにはそれが理由で離職を考える人も。

引用元:介護労働安定センター「平成21年度介護労働実態調査」[PDF]

職種別の平均年収

介護に関わる仕事の中から、ケアマネージャー、福祉施設し介護員、ホームヘルパーの3種類の職種について、平均年収を比較してみましょう。以下、男女合わせた平均年収となります。

  • ケアマネージャー…378万円
  • 福祉施設介護職員…322万円
  • ホームヘルパー…308万円

職種を問わず、男女合わせた日本人の平均年収は410~420万円程度。それに対し、介護職の最高峰とも言われるケアマネージャーの平均年収が378万円です。

ハードな仕事として知られ、かつ、今後ますますニーズの増大が見込まれる介護職。国民の声はもとより、政府の見解も含め、介護職における給与水準の見直しは急務の課題とされています。

年齢別の平均年収

ケアマネージャー、福祉施設介護職員、ホームヘルパーの3職種に分け、それぞれ年齢別の平均年収を確認してみましょう。以下、男女合わせた平均年収となります。

ケアマネージャー

  • 20代/330万円
  • 30代/362万円
  • 40代/394万円
  • 50代/394万円
  • 60代/336万円

福祉施設介護職員

  • 20代/298万円
  • 30代/337万円
  • 40代/341万円
  • 50代/336万円
  • 60代/258万円

ホームヘルパー

  • 20代/279万円
  • 30代/323万円
  • 40代/317万円
  • 50代/309万円
  • 60代/268万円

職種によって返戻別の平均年収にややバラつきはありますが、おおむね、30~50代の年齢層の年収をピークとした山を描いていることが分かります。もちろん、年齢だけではなく、勤続年数や能力等も平均年収に影響してくることは言うまでもありません。

男女別の平均年収

ケアマネージャー、福祉施設介護職員、ホームヘルパーの3職種における男女別の平均年収を見てみましょう。

男性
平均年齢 年収
ケアマネージャー

42.2

3,958,300円

福祉施設介護職員

37.3

3,399,400円

ホームヘルパー

37.5

3,145,700円

女性
平均年齢 年収
ケアマネージャー

48,9

3,611,300円

福祉施設介護職員

41.0

3,036,200円

ホームヘルパー

47.6

3,013,700円

男性と女性の平均年収を比較した場合、やや男性のほうが高いことが分かります。男性の平均年収のほうが高い背景にはさまざまなものがあると考えられますが、その一つとして、男性のほうが管理職に就く割合が高いことが考えられるでしょう。

ベテラン介護職の賃上げへ

団塊世代の高齢化を始め、今後訪れる段階ジュニア世代の高齢化を前に、介護職のニーズはますます高くなっていくことが予想されます。その一方で、他の業種に比べると介護職の給与水準はやや低く、かつハードな労働条件も重なり離職する人が絶えません。

このような背景の中、介護職に就業する人の増加と介護職からの離職防止を狙い、厚生労働省はベテラン介護職の人の賃上げを検討。消費税の増税分を財源に、2019年10月より賃上げの実現を目指して議論が進められています。

介護士の年収をアップするには?

介護福祉士の資格をとる

介護士の年収をアップするために一番良い方法は、キャリアアップして資格手当を狙うことです。たとえば、無資格のまま介護業界で働いていても手当はつかず、年収がアップすることも基本的にはありませんが、介護福祉士などの資格を習得すれば、年収も50万円以上は上がると言われています。

企業によっては資格の習得をサポートしてくれたり、資格習得にかかる費用を補助してくれたりするようなところもあります。ぜひ、キャリアアップもしながら年収をアップさせましょう。

介護の資格をとる
メリットをみる

夜勤の手当を狙う

夜勤や残業などの手当を増やすことや、年末年始などの期間に働くことで特別手当をもらえる場合もあります。夜勤をメインにこなす人もいるくらいです。

より規模の大きい施設を検討

転職を考えるのもひとつの手です。施設によってあまり大きな違いはないと言われていますが、介護施設のなかでも、特別養護老人ホームは給与の平均金額が高いと言われています。まだ、就職をしていないのであれば、賃金はもちろん、キャリアアップのしやすさや手当のことも考えて企業を選ぶと年収アップが狙えるかもしれません。

介護職の給与に関する
社員の声を見る

元気村グループ(翔裕園)の給与について

2,000人超の職員を抱え、社会福祉法人としてトップクラスの規模を誇る社会福祉法人の元気村グループ。その理事長を務める神成氏にリアルな給与事情について聞いてみました。

サイト監修社会福祉法人
元気村グループ(翔裕園)
給与増に重要なのはキャリアアップ
神成裕介
神成裕介
(理事長)

介護職の給与は、社会福祉法人、株式会社を問わず、どこの現場でもそう大きくは変わりません。重要なのは、キャリアアップ。介護の現場を変えたいというモチベーションを持って介護と向き合えば、どんどんキャリアアップできますし、それにともなって給与も上がっていくでしょう。
また、我々元気村グループでは、2018年11月から「新人事評価制度」を導入しました。それは年齢や経験年数ではなく、実力に応じた給与制度を意識し、キャリアアップについても役職を問わず各職種ごとに技術や職務内容、範囲に応じてキャリアアップを実現できるよう制度を設計し直したもの。時代の変化に応じた仕組みづくりを実現しています。

元気村グループの
新卒採用情報をみる

元気村グループの
中途採用情報をみる