介護の仕事のすべて/各地域での介護職の現状を紹介

各地域での介護職の現状を紹介

人出不足が問題となっている介護業界ですが、さらにエリアごとで介護職員の充足率に格差があるのはご存知でしょうか?充足率が一番高い県は、山梨県の96.6%です。そして、充足率が最も低いのは福島県・千葉県の74.1%で、山梨県と比べるとその差はなんと20ポイント以上。[注1]

また、地域によって給与にも差があり、都心部の方が年収が高い傾向があります。介護で仕事を探す方は、まずエリアごとの現況を確認しましょう。

東京都

東京都は、介護の求人に対して働き手が圧倒的に足りない状態です。2018年8月の介護関係職種の有効求人倍率は、6.97と全都道府県の中で1番高い数値に[注2]。東京都は職業の選択肢が幅広いこともあって、他の地域よりも介護の人材が集まりにくいのだと考えられます。

しかし、東京都の2018年の高齢者人口は307万8千人で過去最高を更新していて、介護の需要が着々と増えています。

東京都の介護福祉士の平均年収は342万円で、他県と比べるとかなり高い水準です。ほかの介護職も他県より給料は多いのですが、思うように人が集まらずに厳しい状態が続いています。

参考サイト