生活支援コーディネーター

地域とつなぐ!生活支援コーディネーターのメリットなど

このページでは、生活支援コーディネーターについて役割や仕事内容についてまとめました。

生活支援コーディネーターとは?

生活支援コーディネーターは、高齢者が地域に安心して自分らしく生活できるように、生活に関する支援や介護予防の体制作りを進める役割を担う職業です。「地域支えあい推進員」ともいいます。

地域の特性や高齢者の困りごとを把握。高齢者と地域のニーズをマッチングさせる取り組みやボランティアの養成、ネットワーク作りなども行っています。

1950年代のベビーブームに生まれた方達は、2025年に一挙に高齢者となりました。人口の30%を占めるとされる「2025年問題」が関係して、生活支援コーディネーターは誕生。厚生労働省はこの2025年問題に対し、介護制度などの改革を時間をかけて取り組んでいます。

「住まい、医療、介護、予防、生活支援」が一体的に提供される仕組みを作るために、生活支援コーディネーターの存在は欠かせません。

生活支援コーディネーターのメリット

生活支援コーディネーターは、これから高齢化社会においての必要な存在となります。主な就職先は市町村の役場や福祉協議会など。公的機関に属することが多く、安定的な仕事ができるのではないでしょうか。

また信頼性も高く、頼られることも多くなり、地域の福祉サービスや関係機関についての知識も豊富になります。

生活支援コーディネーターの主な仕事内容は?

  • 地域の社会資源を正確に理解し、住民の需要や要望に合った福祉サービスの開発と育成
  • 地域における福祉ネットワーク作り
  • 支援内容の要望を理解し、関係機関につなげる
  • ボランティア活動の支援や養成

上記の主な取り組み内容以外にも、ニーズは地域によって多少の違いがあります。地域住民の実態を熟知したうえで、人のために柔軟に動くのが、生活支援コーディネーターの仕事です。

生活支援コーディネーターの資格は?

生活支援コーディネーターになるためには、とくに資格の要件はありません。ただガイドラインでは国や都道府県が実施している研修を受けるようにと推奨されています。生活支援コーディネーターになりたいという方は、研修を受講した方が良いでしょう。

生活支援コーディネーターに向いている人は

生活支援コーディネーターは、様々な機関との連携や連絡調整が必要な仕事です。高いコミュニケーション力をお持ちの方、そして公平中立に物事を考えられる方が向いているといえるでしょう。また対人援助を行なう職業なので、他の福祉系の職業と同じく「人が好き」「人の役に立ちたい」という気持ちを持っている人に向いています。